乳がんが遠隔転移した場合の症状と治療法

がんの初回治療後、元の病巣から遠く離れた部位に再発することを「遠隔転移」といいます。乳がんの場合は、乳房以外の場所に再発するケースです。

乳がんが転移しやすい場所としては、骨や肺、肝臓、脳などがあります。どこに転移したかによって症状や治療法も異なってきますが、一般的に手術は難しく、薬物療法や放射線療法が中心です。

乳がんが遠隔転移した場合の症状や治療法について、詳しくご紹介していきます。

乳がんの遠隔転移を早期発見するのは難しい

乳がんの再発には「局所再発」と「遠隔転移」の2種類があります。前者は乳房での再発、後者は乳房以外の場所での再発です。

初回の手術の際に取りきれなかったがん細胞が、リンパや血管を通して遠くに運ばれ、そこで成長することを遠隔転移といいます。

現在の医療では、全身のあちこちに散らばったがん細胞を早期に発見することは難しく、ある程度、腫瘍が大きくなってから発見されることが一般的です。

「遠隔転移を何とか早めに発見できないものか」と思い、症状のないうちからあれこれと検査を受けても、生存率はほとんど向上しないという研究結果が出ています。

そのため、現在の医療では「初回治療で、なるべくがんを叩いておく」ことが一番現実的で確かな方法です。手術後に薬物療法を行なう場合が多いのも、全身に散らばっているかもしれないがん細胞を攻撃するためです。

それにも関わらず遠隔転移してしまった場合は、まずは気持ちを落ち着けて転移の状態を知り、それに合わせた治療法を検討します。

患者さんにとっては非常につらい状況ですが、乳がんは比較的進行が遅いため、転移してもうまく付き合いながら長く生存している患者さんもいます。希望を捨てず、前向きに治療を行なっていきましょう。

乳がんが遠隔転移した場合の症状

乳がんの遠隔転移の症状は、どこに転移したかによって大きく異なります。

骨転移した場合の症状

乳がんがもっとも転移しやすいのは、背骨や肋骨などの骨です。手足などの末端の骨には転移しにくいのですが、それ以外の骨であればどこでも転移する可能性があります。

骨転移した場合は、その部位の痛みが主な症状です。

また、少しの刺激で骨折してしまう「病的骨折」も起こりやすくなりますし、特に背骨に転移した場合は、腫瘍によって脊髄が圧迫されて、神経性のしびれや痛みが出やすくなります。

その他、骨のカルシウムが血中に溶け出すことで起こる「高カルシウム血症」になると、喉の渇きや尿量の増加などにつながり、脱水症状がみられるようになります。

肺転移した場合の症状

毛細血管やリンパ管が多い肺も、乳がんの転移しやすい臓器です。

肺に転移した場合は、腫瘍が肺や気管支を刺激することによって、咳が出やすくなります。また血痰や呼吸困難、ぜいぜいする胸の音など、普通の肺がんで起こりやすい症状もよくみられます。

脳転移した場合の症状

脳もがんがよく転移する場所です。

脳転移の症状としては、頭痛や嘔吐、マヒなどが代表的ですが、脳のどの部位に転移したかによっても症状は異なってきます。たとえば運動障害や言語障害、視覚障害、記憶障害などさまざまです。

肝転移した場合の症状

血液の要所である肝臓も、がんが転移しやすい臓器です。ただし乳がんの場合、他の部位にあちこち転移した後で肝臓に来ることが多く、「肝転移のみ」というケースは少ないとされています。

肝臓は丈夫な臓器で、症状が出にくいため、初期は無症状ということも珍しくありません。進行すると右側の腹痛や食欲不振、全身倦怠感などが現れるようになります。

遠隔転移した乳がんの治療法

乳がんが遠隔転移した場合の治療法も、転移先によってさまざまです。

全身の複数個所に転移している場合は、基本的に手術ではなく、全身療法である薬物治療が行なわれますが、一部分のみに転移している場合は、切除によって長く生存できることもあります。

骨転移の治療法

骨に転移した場合は、全身の薬物療法に加え、局所療法である放射線療法もよく行なわれます。転移している骨に放射線を照射することで、がん細胞を攻撃できるほか、痛みを和らげる効果も期待できます。

その他、血中のカルシウム濃度を低くするための「ゾレドロン酸」の点滴や、骨の破壊を防ぐための「ビスフォスフォネート製剤」の投与、また骨折を起こしそうな部位への整形外科的な手術など、患者さんの状態によりさまざまな治療法が考えられます。

肺転移の治療法

全身の薬物療法が基本ですが、肺のみに限局している場合は、肺切除も選択肢の一つとなります。患者さんの全身状態が良ければ、病巣のある肺葉を切除することで、生存率が大きく上がるという調査結果も出ています。

ただし、「初回治療から肺転移までの期間がある程度長い」「転移巣のサイズが2センチ以下」など、いくつかの条件を満たさなければ、必ずしも予後の改善にはつながらないともいわれています。

他には、咳止めの処方や、胸水を抜く処置などの対症療法が行なわれることもあります。

脳転移の治療法

脳は全身の中でも非常に重要な部位のため、異物の入った血液が脳に行かないようにブロックする「血液脳関門」というシステムが備わっています。ですから抗がん剤などの薬物療法は、脳転移には効き目がありません。

その代わりに、放射線療法がよく行なわれます。脳全体に照射する「全脳照射」、または病巣をピンポイントで狙う「定位放射線照射」の2種類があり、病巣の数などによって選択されます。

また病巣が1個のみで、手術しやすい部位にある場合は、切除することもあります。

他の臓器に転移しておらず、患者さんの全身状態が良いことなども条件となりますが、うまくいけば脳の転移巣が消滅し、そのまま再発しないこともあります。

肝転移の治療法

肝転移する段階になると、ほとんどは他の臓器にも転移していますので、治療は薬物療法が中心です。乳がんの性質に合わせて、抗がん剤、ホルモン薬、分子標的薬などを選択します。

ただし、まれに肝臓以外の臓器に転移していない患者さんもいるため、その場合は肝切除や動注化学療法(肝臓に直接抗がん剤を届ける方法)などの局所的な治療によって、予後が改善することもあるといわれます。

乳がん治療はがん保険で備えるとさらに安心!

乳がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ