再発転移した場合の痛みや症状を緩和させる治療

他のがんと同様、乳がんも治療後に再発・転移することがあります。

せっかく手術を受けたのに、再発・転移した時のショックは誰にとっても大きいものですが、何とか気持ちを切り替え、前向きに治療に向き合っていきたいものです。

特に乳房以外の部位に転移した場合は、転移先によって、痛みやさまざまな症状が出る可能性があります。QOLを維持しながら自分らしく過ごすためにも、転移による症状はなるべく治療で緩和させることが大切です。

ここでは、再発・転移による症状を和らげるために、どんな治療が行なわれるかについてご紹介していきます。

乳がんの再発・転移とは

乳がんに限らず、どのようながんでも、初回治療後に再発や転移することがあります。多くの場合、手術でとりきれなかったがん細胞が成長し、新たに腫瘍として見つかるものです。

そのうち、元と同じ部位に腫瘍が現れることを「局所再発」といいます。乳がんの場合、部分切除手術で温存した乳房、もしくはがんのなかった反対側の乳房に再発したものです。

局所再発だけなら、定期検診を受けて早期発見することで、再手術ができる可能性があります。

一方、転移とは、乳房以外の部位にがんが再発することです。乳がんが特に転移しやすい部位としては、骨、肺、肝臓、脳などがあります。

乳房にあったがん細胞が、血管やリンパ管を通して遠く離れた部位にまで達したもので、こうなるとステージとしてはW期であり、完治は難しい状態となります。

ただし化学療法やホルモン療法などの薬物治療を適切に行なうことで、進行を遅らせることは可能です。

また、転移による痛みやつらい症状がある場合は、緩和するための治療を行ない、患者さんがなるべく苦痛なく過ごせるようにします。こうした治療のことを、総称して「緩和ケア」といいます。

放射線の力でがん細胞を縮小させる「放射線療法」

放射線療法は、高エネルギーのX線やγ線などを、体の表面から病巣に向かって照射する治療法です。

初期治療として、手術と組み合わせて行なわれることが多いほか、再発・転移した場合に症状を緩和させる目的で実施することもあります。

乳がんの場合、骨転移による痛みや、脳転移による症状などを和らげるために行なわれることが一般的です。放射線でがん細胞を縮小させることで、症状の緩和が期待できます。

抗がん剤やホルモン薬などで腫瘍を縮小させる「薬物療法」

再発・転移した乳がんに対しては、薬物療法も有効です。

実際にどのような薬を使うかは、「ホルモン受容体があるかどうか」、「HER2タンパクは陽性か陰性か」、また「患者さんの全身状態はどうか」など、さまざまな条件を考慮して選択します。

基本的には、ホルモン受容体が陽性の患者さんに対しては、ホルモン治療を行なうことが一般的です。乳がんが増殖する原因となる女性ホルモンの分泌を抑えることで、がんの進行をゆるやかにできる可能性があります。

またHER2というタンパクが陽性の患者さんに対しては、「トラスツズマブ(商品名パーセプチン)」をはじめとする抗HER2薬を使用します。

上記以外の患者さん、もしくはホルモン薬が効かなくなってきた患者さんに対しては、抗がん剤が用いられます。

骨や肺、肝臓などに転移したがんも、肺がんや肝臓がんではなく、あくまで乳がんが転移したものですので、乳がんに効く抗がん剤が効果的です。

抗がん剤はがん細胞の進行を抑えるほか、症状を緩和させることでQOLの改善効果もあります。

初回治療と異なり、遠隔転移した際の化学療法では基本的に1種類の抗がん剤を使用し、副作用がなるべく出ないように工夫しながら投与していきます。ただし転移の状況によっては、複数の薬を併用することもあります。

骨転移に対する「ビスフォスフォネート製剤」の投与

乳がんが骨に転移している場合は、放射線療法のほか、「ビスフォスフォネート製剤」が用いられることもあります。

がんが骨に転移すると、骨の破壊と再生のバランスが乱れ、骨がもろい状態となってしまいます。そのため痛みを感じたり、ちょっとした刺激で簡単に骨が折れてしまう「病的骨折」を起こしたりすることもあります。

ビスフォスフォネート製剤は、骨を破壊する「破骨細胞」の機能を停止させることで、骨の破壊を防ぐ薬です。がんの骨転移のほか、骨粗しょう症にも用いられる薬で、飲み薬と点滴薬があります。

患者さんの状態によって、ホルモン薬や抗がん剤と併用することもあります。

再発・転移した乳がんに対する「緩和ケア」

上記のような治療のほか、痛みを和らげるための鎮痛薬(モルヒネなど)や、肺転移による咳を鎮めるための咳止めなど、必要に応じてさまざまな薬が使われることがあります。

がんの治療を行なうような大きな病院には、こうした緩和ケアを専門とするチームが編成されており、専門家によって適切な治療を受けることが可能です。

最近は日本でも緩和ケアの概念が広まり、患者さんの苦痛を極力取り除くための治療法が確立されてきました。

体に痛みがあると、それだけで心まで後ろ向きになってしまうものです。前向きに乳がんと共存しながら生きるためにも、苦痛を取り除くためのケアは非常に重要だと考えられています。

乳がん治療はがん保険で備えるとさらに安心!

乳がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ