乳がん治療法まとめ

乳がんには手術をはじめとして、さまざまな治療法があります。発見時のステージや、患者さんの全身状態、またがんの性質などを考慮した上で、最適な治療法が選択されます。

もっとも根治が期待できるのは、手術による病巣の切除です。腫瘍のサイズや、リンパ節転移の有無などによっては、乳房を温存できる「部分切除」を選べる場合もあります。

一方、手術が難しい場合は、放射線療法や薬物療法などを検討します。また乳がんの場合、条件によっては、がん細胞の増殖を抑える「ホルモン療法」を行なえる点も特徴です。

ここでは、乳がんの治療法のダイジェストをご紹介します。

乳がんの治療法一覧

乳がんには複数の治療法がありますが、分かりやすくまとめると以下のようになります。

乳がんの治療法一覧

乳がんの治療も、他の多くのがんと同様、大きく分けると「手術」「薬物療法」「放射線療法」の3種類です。

このうち、手術と放射線療法は乳房のがん細胞を直接ターゲットとする治療のため「局所療法」、薬物を使った治療は全身のがん細胞に働きかけるため「全身療法」と呼ばれます。

どの治療法を選ぶかは、乳がんが発見された時のステージ(病期)や、患者さんの年齢、身体の状態、がんの性質などによって異なります。

病巣を切除する、乳がんの「手術療法」

乳がんの治療のうち、もっとも優先して検討されるのは手術療法です。必要に応じて、「術前化学療法」や「術後化学療法」などが組み合わされます。

乳がんの手術には、以下の2つの方法があります。

乳房切除術(乳房全切除)

がんのできた乳房をすべて切除する手術です。がんが広範囲に広がっている場合、もしくは離れた場所に複数の腫瘍がある場合などに選択されます。

切除した後、人工的に胸を再建する「乳房再建術」が行なわれることもあります。

乳房部分切除術

病巣のみを摘出し、乳房は温存する手術です。基本的には腫瘍が3〜4センチ以下で、UA期までの患者さんを対象に行なわれます。主に美容的なメリットを目的とした手術です。

がん細胞をビームで攻撃する、乳がんの「放射線療法」

体の表面から病巣に向かって、高エネルギーの放射線を照射し、がん細胞を攻撃する治療法です。乳がんでは、主に以下のような用途があります。

乳房部分切除術後の「術後放射線療法」

部分手術の後、温存した乳房に取り残したがん細胞を死滅させるために行なわれる放射線療法です。行なわなかった場合に比べて、再発リスクを3分の1にまで減らせることが分かっています。

乳房切除術後の「術後放射線療法」

乳房をすべて摘出した後でも、放射線療法を行なうことがあります。特にリンパ節転移の数が多いなど、再発リスクが高い場合に実施されます。

腫瘍を小さくするための「術前放射線療法」

腫瘍のサイズが大きい場合に行なわれる方法です。放射線療法で腫瘍を少しでも小さくしてから、手術をします。

転移による症状を和らげるための放射線療法

脳や骨などの転移巣に対する治療です。放射線を照射することで病巣を小さくし、つらい症状を和らげます。

全身のがん細胞に働きかける、乳がんの「薬物療法」

薬によって、乳がんの増殖を抑える治療法です。使う薬の種類によって、以下の3つに大きく分かれます。

化学療法

いわゆる「抗がん剤治療」です。手術が難しい場合に、少しでもがんの進行を遅らせる目的で行なわれるほか、手術後に再発防止の目的で実施することもあります。

乳がんでは「AC療法」や「FEC療法」など、複数の抗がん剤を組み合わせた「多剤療法」を行なうことが一般的です。

抗がん剤は正常な細胞にも多少のダメージを与えてしまうため、副作用のリスクはありますが、最近は副作用対策もかなり充実しています。

分子標的薬療法

近年増えている新しいタイプの抗がん剤、「分子標的薬」を使った治療法です。

分子標的薬は、がん細胞の増殖に関係するタンパクなどの物質に注目して作られた薬で、従来型の抗がん剤よりも正常な細胞への影響が少ない点が大きなメリットとなっています。

乳がんでは、おもに「HER2」というタンパクが陽性の人に対して、「トラスツズマブ(パーセプチン)」や「ベバシズマブ(アバスチン)」などの分子標的薬が用いられています。

ホルモン療法

乳がんの中には、女性ホルモンの影響で増殖するタイプのものがあるため、そのような場合にはホルモン療法も有効です。

エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンの受容体を調べ、どちらかが陽性であればホルモン療法の対象となります。

「抗エストロゲン薬」「LH-RHアゴニスト製剤」「アロマターゼ阻害薬」の3つのタイプの薬があり、患者さんの年齢などを考慮して選択します。

ホルモン療法は、進行・転移がんの治療に使われるほか、術後に再発防止の目的でも使用されます。

上記の治療法のほかにも、末期乳がんに対しては「緩和ケア」が行なわれることもありますし、近年では部分切除よりもさらに局所的な「ラジオ波焼灼療法」などの方法も登場しています。

乳がんにはさまざまな治療の選択肢がありますので、医師とよく話し合い、患者さんが納得できる治療法を選ぶことが大切です。

乳がん治療はがん保険で備えるとさらに安心!

乳がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ