乳癌ガイドラインに沿った治療の流れ

乳がんの治療法を決める際、参考になるのが「乳がんの治療ガイドライン」です。

がんの治療ガイドラインには、国内外から集められたデータをもとに、「現時点でもっとも有効かつ安全な治療法」がまとめられています。

患者さんも自由に参照できますし、医師もガイドラインを参考に患者さんの治療法を検討するのです。

ガイドラインには、発見時のステージ別に治療の流れが掲載されています。ここでは、乳がんの治療ガイドラインにどのような治療の流れが載っているのかについて、分かりやすくご紹介していきます。

乳がんの治療ガイドラインってどんなもの?

ガイドラインは、乳がんに限らずすべてのがんにおいて作成されています。いわば「がん治療のマニュアル」のようなものです。

病気の治療にはさまざまな方法がありますが、中には安全なものと危険なもの、効果があるものとそうでないものがあり、放っておくと玉石混交の状態となってしまいます。

そこで、現段階で安全性と有効性がきちんと確認されている治療法をまとめたガイドラインを作ることで、すべての患者さんが安心して治療を受けられるようにしているのです。

乳がんの治療ガイドラインとして、国内で広く活用されているものに、「日本乳癌学会」が作成する「乳癌診療ガイドライン」があります。

治療ガイドラインは数年ごとに改定が行なわれ、常に最新の情報が掲載されています。

「乳癌診療ガイドライン」には、ステージごとに推奨される「標準治療」のほか、各治療法の詳しい解説や、Q&A式にまとめられた「クリニカル・クエスチョン(CQ)」などが載っています。

また、その治療法がどれぐらい推奨されるのかについて、A〜Dのグレード評価が行なわれているなど、非常に分かりやすく工夫されている点も特徴です。

また日本乳癌学会からは、患者さん向けにより分かりやすく解説した「患者さんのための乳がん診療ガイドライン」も発行されています。

難しい専門用語などをかみ砕いて、医療の知識がない方にも理解しやすいようにまとめられていますので、ぜひ参考にしてみてください。

乳がんの治療ガイドラインに沿った「治療の流れ」

乳がんの治療ガイドラインには、おおまかな治療の流れが、以下のような「アルゴリズム」という分かりやすい図式で紹介されています。

乳がんの治療の流れ

このように、乳がんでは発見時のステージによって治療の流れがおおよそ決まっており、多くはこの流れに沿って治療が進められます。

乳がんのステージ別の治療の流れ

発見時のステージによる治療の流れは以下の通りです。

0期の乳がんの治療法

0期の乳がんは「上皮内新生物」とも呼ばれる、もっとも早期の段階です。このステージで発見できた場合は、基本的に手術のみで完治が期待できます。

ただし病状に応じて、センチネルリンパ節生検(乳がんの細胞が最初にたどり着くリンパ節を調べて、がん細胞が入っているかどうかを調べる検査)が行なわれます。

また、摘出した病変を調べた結果、実はT期以上であることが判明した場合は、追加治療として放射線療法や薬物療法を実施することもあります。

T期・U期の乳がんの治療法

T期とU期の乳がんも、手術が基本です。腫瘍が大きい場合は、事前に化学療法で腫瘍をなるべく小さくしてから手術に入ります(術前化学療法)。

またリンパ節に転移している場合は、リンパ節郭清(切除)を行ないます。

さらに、手術で摘出した組織を調べて悪性度などを評価し、追加治療をするかどうかを検討します。

III期・IV期の乳がんの治療法

病気が進行したV・W期では、まず薬物療法を行ないます。

V期ではその後に手術ができる場合もありますが、遠隔転移しているW期は基本的に手術の対象にならず、少しでも余命を延ばすための薬物療法や、苦痛を和らげるための放射線療法、緩和ケアなどが中心となります。

最終的に治療法を決めるのは、患者さんの権利

上記のような治療法は、「標準治療」と呼ばれますが、実際にどの治療法を選択するかは一人ひとりの患者さんの状態や年齢、希望などによっても異なってきます。

たとえば手術するにしても、「どうしても胸を残したい」という患者さんもいれば、「安全のために全摘出を選択したい」という患者さんもいます。

もちろん医師は、命を最優先にした治療法を提案しますが、最終的に決めるのは患者さん自身です。

また、高齢だったり他の持病があったりして手術が負担になると判断された場合には、手術ができるステージであっても、別の治療法を選択することもあります。

さらに、末期であるW期の場合などは、標準治療では基本的に完治が望めないため、民間療法や代替療法を選ぶ患者さんも少なくありません。

どんな時でも担当医の判断を仰ぐことが大切ではありますが、患者さん自身が納得できる治療法を選ぶことも大切です。

治療法の選択に迷った時は、他の病院に「セカンドオピニオン」を求めるという方法もあります。

セカンドオピニオンを求めることは患者さんの当然の権利であり、最近では「セカンドオピニオン外来」をもうけている病院もたくさんあります。

信頼できる医師からしっかりと話を聞き、患者さん自身が前向きに臨めるような治療法を選択しましょう。

乳がん治療はがん保険で備えるとさらに安心!

乳がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ