マンモグラフィー検査は痛い?

マンモグラフィは、乳がんの早期発見に欠かせない検査の一つです。乳房をX線で撮影することで、乳腺にできたしこりや、石灰化している部分などを写し出すことができます。

ただし、検査時にはアクリル板で乳房を平たく押しつぶす必要があるため、一部の女性からは「痛すぎる!」と恐怖感を持たれている検査でもあります。

中には、あの痛みを味わいたくないという理由で、マンモグラフィを受けなくなった女性もいるようです。

しかしマンモグラフィは非常に大切な検査ですので、ぜひ工夫をして乗り切りましょう。マンモグラフィの痛みを軽減するためのコツをいくつかご紹介していきます。

乳がんを早期発見するには、マンモグラフィ検査が必須!

マンモグラフィ(乳房X線検査)は、現在、国が「乳がんの死亡率を減少させる」と認めている唯一の検査です。自治体では40歳以上の女性を対象に、2年に1度の間隔で検診の費用を助成しています。

しかしマンモグラフィは、胸を板で強くはさみながら撮影するために、一部の女性には強い抵抗感を持たれている検査でもあります。

実際、マンモグラフィは避けて、痛みのないエコー検査を中心に受ける女性もいるのではないでしょうか。

もちろんエコー検査も乳がんの発見に大きく役立ちますが、基本的には「マンモグラフィと合わせて受ける」ことで、発見率を上げる検査です。

エコーでは小さな石灰化を見つけにくいため、マンモグラフィをまったく受けないとなると、乳がんを見逃してしまうリスクが高まってしまいます。

ほんの時々のことですので、ぜひ工夫をしてマンモグラフィを乗り切りたいところです。

マンモグラフィ検査はどうして痛い?

マンモグラフィの痛みは、主に以下の2つに分けられます。

圧迫される際の痛み

もっとも多くの女性が訴えるのは、アクリル板で乳房を圧迫される時の痛みです。マンモグラフィでは、片方ずつ縦・横2枚の写真を撮るため、縦方向と横方向からの圧迫を計4回味わうことになります。

ただし、胸を圧迫するのにはきちんとした理由があります。一つは、乳房の中を広範囲に正しく観察するために、できるだけ全体を均一な厚さにする必要があるからです。

これにより高画質な画像が得られ、乳がんの有無も正確に判断しやすくなります。

もう一つの理由は、圧迫して胸を平らにすることで、放射線の被ばくを減らせるということです。検査部位を薄くすればするほど、被ばくは減ります。

引っ張られたり、角が当たったりする際の痛み

マンモグラフィでは、圧迫以外にも痛みを感じることがあります。たとえば部分的にお肉が引っ張られる際の痛みや、検査時に装置の角が体に当たる際の痛みなどです。

これらの痛みがあるかどうかは、患者さんの体型なども関係しますが、どちらかというと検査技師の腕によるところが大きいとされています。

乳房〜ワキ下のお肉をきれいに装置に収めて、一部が引っ張られないようにできる腕がある技師と、そうでない技師がいるためです。

ですからこちらの痛みに関しては、対処の仕方があるといえます。

マンモグラフィ検査の痛みを和らげるための4つのコツ!

マンモグラフィの痛みを軽減するためにできるコツがいくつかあります。ぜひ実践してみてください。

生理前の時期は避ける!

これは乳がん検診を受ける際の基本です。生理前は女性ホルモンの影響で乳房が張るため、触診しにくくなりますし、マンモグラフィの痛みもいっそう強くなります。

生理が終わった後の、なるべく乳房が柔らかい時期に受けるようにしましょう。

引っ張られて痛い場合は「痛い」と伝える!

お肉の一部が引っ張られる痛み、もしくは装置の角に当たる痛みは、上述したように、技師さんのテクニックによるところが大きいのも事実です。あまりに痛い場合は正直に伝え、はさみ直してもらうようにしましょう。

圧迫されて痛い場合は、圧力を弱めてもらう!

マンモグラフィでは、なるべく乳房を薄く平らにしたほうが、きれいな画像を得られます。ただし、押しつぶされる痛みがひどすぎる場合は、技師さんに伝えれば少し圧力を弱めてもらうことも可能です。

もちろん、あまりにゆるめすぎると画像の質が落ちてしまいますが、この痛みが原因で「二度とマンモグラフィを受けたくない」と思ってしまうよりは、ずっといいでしょう。

「腕がよく、最新の機器をそろえている病院」を選ぶ!

病院によっては、マンモグラフィの痛みを最小限にとどめるための工夫をしているところもあります。

たとえば検査技師さんも、ほとんど患者さんの痛みにはかまわず、いけるところまでギュウギュウに胸を圧迫してしまう人もいれば、「痛みはありませんか?」と聞きながら丁寧に胸を扱ってくれる人もいます。

webサイトが充実している今、そうした病院の評判はわりとすぐに広まりますので、口コミサイトなどを参考に病院選びをしてみてください。

また、最新のマンモグラフィ装置を備えている病院もおすすめです。ほとんどの検査機器は、新しければ新しいほど患者さんの苦痛が少なく、精度も高くなっています。

たとえば従来型のマンモグラフィでは、撮影が終わった後、技師さんが戻ってきて手動で板をゆるめますが、最新型のマンモグラフィでは、撮影の終了とともに自動的に圧迫が解除されるようになっています。

そうすると、圧迫を我慢しなくてはいけないのはほんの数秒ということになりますので、患者さんとしては非常にラクです。

上記のような工夫で、ぜひマンモグラフィを乗り切り、乳がんの早期発見につなげていきましょう。

乳がん治療はがん保険で備えるとさらに安心!

乳がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ