乳がんの症状と間違えやすい病気

日本女性の乳がん罹患率が急激に上昇している今、少しでも胸に異常を感じたら「乳がんかもしれない!」と不安になる女性は多いと思います。

確かにそれぐらい敏感になったほうが、早めに受診して病気を発見しやすいのも確かです。

しかし実際には、乳がんと間違えやすい良性の疾患もいくつかあります。

代表的なものとしては、30代後半〜50代前半の女性に多い「乳腺症」や、授乳期の女性に多い「乳腺炎」、閉経前の女性なら誰でもなる可能性のある「乳腺線維腺腫」などです。

いずれも胸のしこりを感じるケースが多いため、乳がんとまぎらわしい病気です。乳がんとはどのように違うのかについて、詳しくご紹介しましょう。

月経前になるとしこりが大きくなる「乳腺症」

乳腺症は、乳がんと間違えられやすい乳房の良性疾患の一つです。30代後半〜50代前半の閉経前の時期にかかりやすいため、年齢的にも乳がんの好発時期と重なっています。

しかし乳腺症は、乳がんとは基本的に関係のない病気で、「エストロゲン」という女性ホルモンの乱れによって起こると考えられています。

閉経に近づく時期には、卵巣からのエストロゲンの分泌が不安定になるため、それが乳腺に影響を与えるのです。

乳腺症では、片側、もしくは両側の乳房に痛みやしこりなどを感じます。

特に月経前に症状が強まることが多く、痛みが増したり、しこりの数が増えたりすることもあります。また一部の人では、乳首から透明〜薄い黄色の分泌液がみられます。

一ヵ月の間に症状が強まったり弱まったりしますので、それが乳がんとの大きな違いになりますが、マンモグラフィ検査をすると症状のある乳腺が白っぽく写るため、乳がんとの区別がつきにくい場合も少なくありません。

どうしても悪性の可能性が否定できない場合は、最終的に針生検(乳房の組織の一部を針で採取して、病理検査にかけること)を行なうこともあります。

乳腺症だと分かれば、特別な治療は基本的に必要ありません。ただし、あまりに痛みが強いような場合はホルモン治療を検討することもあります。

閉経後はエストロゲンの分泌が落ち着くため、症状も自然になくなることが一般的です。

授乳期にしこりや痛みを感じる「乳腺炎」

乳腺炎は、産後、赤ちゃんに母乳をあげている時期の女性に多い良性疾患です。母乳のうっ滞(詰まり)や、乳首からの細菌感染が原因で、特に産後1〜4ヵ月の間に多くみられます。

乳腺炎の症状としては、しこりや痛み、腫れ、乳房の赤み、発熱や悪寒などが代表的です。人によっては乳房がパンパンに腫れ上がってしまい、非常につらさを感じることもあります。

乳腺炎の治療は、抗生物質の投与が基本です。ただし重症化した場合は、胸を切開して膿を出さなければいけないこともあります。

授乳中にしこりや痛み、発熱、乳房の赤みなどを感じた場合は、なるべく早く受診してマッサージを受けることが効果的です。

軽い乳腺炎の場合、マッサージだけでしこりが消えることもありますので、ぜひ早めに対処するようにしましょう。

乳腺炎は、乳がんとは関係のない良性疾患ですが、一つだけ気を付けたいのは「炎症性乳がん」や「乳房パジェット病」との区別です。

これらの乳がんは、乳がん全体の1%という非常に珍しいタイプになりますが、しこりがなく、乳房の皮膚に赤みや腫れが見られる点が大きな特徴となっています。

多くの場合、専門医が見ればすぐに診断が可能ですので、まずは受診することが第一です。

10代〜40代の幅広い年齢層にみられる「乳腺線維腺腫」

乳房にしこりを生じる良性疾患としては、「乳腺線維腺腫」もあります。

乳腺線維腺腫は、乳腺症と同じく女性ホルモンが原因と考えられる疾患です。閉経前の女性なら誰でもかかる可能性があり、早い人では10代からみられます。

症状は、片側もしくは両側の乳房にできる「痛みのないしこり」で、人によっては複数できることもあります。乳がんと比べるとしこりは柔らかく弾力性があり、コロコロとよく動くのが特徴です。

マンモグラフィやエコー検査などで診断がつかない場合は、針生検を行なうこともあります。乳腺線維腺腫だと分かれば、基本的に治療の必要はありません。

ただし、まれに巨大化するものもあり、そのような場合は手術で切除することもあります。

女性ホルモンの影響による疾患ですので、乳腺症と同じく、閉経後は自然と軽快します。

胸にしこりができる病気は、乳がんの発見が遅れることも

このように、乳がんと症状の似ている病気はいくつかあります。いずれの場合も素人判断は危険ですので、しこりを感じた場合は念のために乳腺外科を受診するようにしましょう。

また、いずれの疾患も基本的に乳がんとは関連性がないといわれますが、普段から胸にしこりがある場合、「乳がんにかかっても気づきにくい」というデメリットはあります。

また、特に乳腺症は「乳がんのリスクが上がる」と考えるドクターもいますので、良性疾患であっても油断せず、定期的に乳がん検診を受けて早期発見に努めることが非常に大切です。

乳がん治療はがん保険で備えるとさらに安心!

乳がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ